会社設立の流れ

1. 会社の基本事項を決定

会社の設立に必要な事項(商号、本店所在地、会社の目的、取締役、事業年度)を決定します。

後のトラブルを避けるためにも、議事録を作成しておきましょう。

2. 会社の代表印を作成(登記申請日までに必要)

法務局で登記する時に必要となります。

作成までに時間がかかるので、会社名がきまったら作成する手配をしましょう。

代表印作成の詳細

3. 印鑑証明書の取得(発起人と取締役)

印鑑証明書を取得しましょう。

会社設立のための書類を作成する際に印鑑証明書に記載している通りの住居表示を求められますので、あらかじめ取得しましょう。

印鑑証明書の有効期限は3ヶ月です。発起人(出資者)と取締役の印鑑証明書が必要です。
例)発起人 兼 (代表)取締役 =2通必要

印鑑証明書の詳細

4. 定款の作成

「ミスタープレジデント」では、定款の他に登記申請書など会社設立に必要な書類すべて自動的に作成されます。

知識がなくても、必要項目に入力するだけで定款を作成することができます。

5. 公証人役場にて定款認証を受ける

定款認証は本店所在地の都道府県の公証役場なら認証を行うことができます。

公証人との打ち合わせは提携行政書士が行いますので、必要書類を持参し予約日に定款を取りに行くだけです。

 

 

6. 資本金の払込

代表発起人名義の口座(既に利用している銀行口座でかまいません。)に資本金を払い込みます。誰が払い込んだかわかるように、振込することをお勧めいたします。

資本金の払込方法

 

 

7. 登記申請手続き

「ミスタープレジデント」で作成した、各種書類を印刷し、取締役・代表取締役の印鑑証明書、収入印紙を持参し登記申請に行きます。

補正がなければ、確認しておいた完了日以降に法務局へ行き、印鑑カードを交付してもらいます。登記事項証明書、印鑑証明書等を必要な枚数申請します。

8. 諸官庁への届出

税務署、年金事務所、ハローワークへ設立等の申請をします。許認可業務を行う場合は、所管する行政庁へ許可申請を行います。

登記申請後の手続き

9. 銀行口座の開設

登記簿謄本と印鑑証明等を持参して銀行にて口座開設をします。
口座開設時に必要な書類は、各金融機関によって異なるので、必ず各金融機関にお問い合わせください。

コンタクト

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2019 株式会社スタートアップジャパン All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?