印鑑証明について

会社を作るために必要な印鑑証明書について

会社を設立する際に印鑑証明書が必要となります。
必要な印鑑証明書は、株式会社か合同会社によって異なり、株式会社の中でも取締役会設置会社か非設置会社かによって異なります。

印鑑証明書は、公証役場(株式会社のみ)と法務局に提出します。印鑑証明書は原本を提出する必要があります。
株式会社を設立する場合、発起人の方で取締役(代表取締役含む)にもなられる方は、法務局と公証役場にそれぞれ提出するために2通必要となりますが、原本還付の手続きをすれば原本を返してもらうこともできますので、1通あれば設立することができます。

株式会社(取締役会設置会社) 株式会社(取締役会非設置会社) 合同会社 提出先
代表取締役 法務局
取締役 × 法務局
監査役 × × 法務局
発起人 公証役場
代表社員 法務局

株式会社(取締役会設置会社)の場合、発起人と代表取締役の印鑑証明書が必要です。
株式会社(取締役会非設置会社)の場合、発起人と取締役(代表取締役を含む)の印鑑証明書が必要です。
合同会社の場合、代表社員の印鑑証明書が必要です。


公証役場で原本を還付してもらう方法

原本のコピーを作成し、コピーの横に、原本還付の記載と記名押印を行ってください。原本と一緒にコピーを提出し、手続き完了後原本を返却してもらいましょう。

コンタクト

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2019 株式会社スタートアップジャパン All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?