印鑑の作成について

会社を設立する際に、法務局に登録する代表者印をはじめ、最低でも銀行印、角印の3つの印鑑が必要となります。印鑑の作成には時間がかかることもありますので、早めに手配しておきましょう。

印鑑3本セットを準備しましょう。

  1. 代表者印

    法人設立の際に絶対に必要な印鑑です。
    法務局に登録する印鑑で、会社の権利を行使し義務を履行する時に使用します。
    個人の実印と同じような位置づけです。代表者印を最初に使うのは、設立登記時、登記申請書、払い込みを証する書面等です。二重丸の外側に会社名を入れ、内側は株式会社の場合「代表取締役之印」「代表取締役印」、合同会社の場合「代表者印」となります。

  2. 銀行印

    銀行に預金口座を作るときに届け出る印鑑です。
    代表者印と兼用している会社もあるようですが、契約管理と資産管理を同一の印鑑で行うことになりますので、銀行専用の印鑑を作ることをお勧めします。

  3. 角印

    個人の認め印と同じような位置づけです。領収書やお見積書、請求書などに使用します。

以上が、「印鑑3本セット」と言われるものです。字体は「篆書体」、大きさは代表者印と銀行印が18㎜、角印は21㎜が一般的です。
この他にも本店所在地、会社名、代表取締役名、電話番号、FAX番号等を入れたゴム印を作成しておくと便利です。

コンタクト

We're not around right now. But you can send us an email and we'll get back to you, asap.

Sending

©2019 株式会社スタートアップジャパン All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?